〒836-0032
福岡県大牟田市新地町17-5

0944-52-4188

  • 当院のご案内
  • 医師の紹介
  • お知らせ
  • 交通案内
  • HOME

大牟田市の歯科・美容歯科|歯肉炎・美容歯科・インプラント・歯周病

噛み合わせ・片頭痛

大牟田駅の園田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
医院名
そのだ歯科医院

TEL・FAX
0944-52-4188

住所
福岡県大牟田市新地町17-5

クレジットカード取扱
VISA/JCB

当院は福岡県大牟田市だけではなく、福岡県みやま市・福岡県筑後市・福岡県八女市・福岡県柳川市・福岡県大川市・福岡県久留米市・熊本県荒尾市・熊本県玉名市・熊本県山鹿市からも多くの患者様にご来院いただいております。 交通事故等で歯科治療が必要な方も気軽にご相談ください。

医療情報マガジン健康の入り口
トップページ»  噛み合わせ・片頭痛

噛み合わせと片頭痛治療のご案内

読売新聞の発表によると日本には、原因不明の片頭痛で悩まされている人が約3000万人もいるそうです。 私は、歯科医として長年、患者さんの治療に携わっていますが片頭痛の多くは、噛み合わせの不調和からきていると考えています。 当院は、噛み合わせの治療を、専門に行っていますが、治療された約90%の患者さんが、噛み合わせが良くなると、片頭痛が治っています。

歯と頭痛の関係<私の意見>

歯と頭痛噛み合わせの不具合が、片頭痛などを引き起こす事はあまり知られてないようです。
私達は、歯科・耳鼻科・胃腸科と別々の認識を持って通院しています。
しかし、人間の体は本来1つであり、神経や血管を介して器官同士が繋がっていることがあります。
その様な場合、痛みは別の場所からきていることがあります。 身近な例では、虫歯でも目や耳まで痛むこともあります。鏡で自分の顔を見てみてください。口や顎関節などの咀嚼器官は、顔と頭の約半分を占めていることがわかります。 片頭痛の一因が、噛み合わせからきても不思議ではありません。

片頭痛などの不定愁訴の原因

当院での治療結果では原因は下記の2つが多いようです。
●奥歯に僅かな高さのズレ
●奥歯の形が、顎の関節と調和がとれていない
※いずれも自分では感知しにくいです。
噛み合わせの不具合は足と股関節の関係で考えてみると分かりやすいです。
顎の関節と股関節は、左右対称にあり同時に働きます。 例えば、左右高さの違う靴(左5cm,右6cm)を履き歩いたら、神経痛や腰痛を引き起こすことは想像できます。
前述のように口の中は繊細で特殊な所です。噛み合わせの僅かなズレは、体からすれば高さの違う靴で1日中歩くようなものです。そのため、片頭痛などが起きると考えられます
歯の根の表面に付いている歯根膜と脳神経(三叉神経)は直結しているため、噛み合わせに狂いがあると脳が混乱し、片頭痛などの不定愁訴を引き起こします。

三叉神経

噛み合わせの診査・診断

診査・診断・カウンセリング

診査・診断・カウンセリング1

診査・診断・カウンセリング2

初診時、レントゲン・歯型の採取・各種診査を行い、噛み合わせの不具合を細かく分析します。 そして、片頭痛などの不定愁訴が、噛み合わせからきているかどうかを診査します。 患者さんに口の中の状況を説明し、同意が得られましたら、治療を開始します。

治療方法について(軽症の場合)

治療方法について(軽症の場合)

治療方法について(軽症の場合)2

現状の噛み合わせの悪いところを修正します。
その人本来の正しい噛み合わせのにしていきます。 個人差はありますが、ひどい人は殆んどの方が調整し終えたその瞬間から、劇的に快適になります。
この治療だけだと、1~2回で終わる為、遠方からも来院可能です。

治療方法について(全顎治療の場合)

第二段階の治療(冠を被せます)
冠を被せて、噛み合わせを新しく作り直します。

  • 治療方法について(全顎治療の場合)
  • 治療方法について(全顎治療の場合)2

治療方法について(重傷の場合)CASE2

臼歯部が歯周病とインプラントの失敗で、咬合崩壊をしています。
また、それに伴い、噛み合わせが下がっています。

【初診時】 主訴:奥歯から膿が出て、痛くて咬めない
前歯の審美性の改善、首や肩凝り、腰痛など不定愁訴

治療計画:
全顎的な治療
治療内容:インプラント、骨の再生治療、矯正、かみ合わせ、審美治療、根の治療 治療期間:1年6ヶ月

  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例1
  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例2
  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例3
  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例4

【治療終了後】 上顎臼歯部に骨造成を、インプラントを行いかみ合わせを整えました。 前歯にはオールセラミック(陶器)で、審美改善も行っています。

  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例5
  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例6
  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例7
  • 治療方法について(重傷の場合)CASE2例8

テンプレート療法

腰痛、自立神経失調症、姿勢や不定愁訴の改善が可能です。
(※テンプレートをする場合は調整の治療は含まれます。)

※但し、上記の治療は全て歯がある状態でのことで、歯がない方は、それだけで、頭痛や肩凝りを引き起こす可能性が高く、一般的な歯の治療が優先します。
装着により咀嚼筋と筋紡錘を伸展させ、三叉神経中枢路核に直接入力する咀嚼筋の固有受容性知覚の特性を利用して、運動神経では姿勢制御効果、自律神経系では末梢血管拡張作用などの効果を発現します。

テンプレート療法

テンプレート療法の治療例 CASE1

テンプレート療法の治療例 CASE1例1噛み合わせが安定することによって主訴の咀嚼障害のみならず姿勢が改善し、その結果として不定愁訴も消失しました。

  • テンプレート療法の治療例 CASE1例2
  • テンプレート療法の治療例 CASE1例3
  • テンプレート療法の治療例 CASE1例4
  • テンプレート療法の治療例 CASE1例5
  • テンプレート療法の治療例 CASE1例6
  • テンプレート療法の治療例 CASE1例7

首の直頚椎が改善され、生理的湾曲ができて、首への負担が少なくなります

テンプレート療法の治療例 CASE2

左レントゲンは、平成15年12月整形外科にて撮影されたものです頸椎が後彎し椎間が圧平さえているのが認められます。右は、1年8ヶ月後彎がかなり改善し椎間孔も拡大されているのが確認できます。主訴も改善し良い結果を得られました。

  • テンプレート療法の治療例 CASE2例1
  • テンプレート療法の治療例 CASE2例2
  • テンプレート療法の治療例 CASE2例3
  • テンプレート療法の治療例 CASE2例4
  • テンプレート療法の治療例 CASE2例5
  • テンプレート療法の治療例 CASE2例6

患者さんの体験談

当院の患者さんの約90%の方が、噛み合わせを調整することにより片頭痛が治っています。

《片頭痛以外の治療後の報告で多いのが》

  • それまで片側でしか噛めない人が、両方で噛めるようになった。
  • 顎の関節の痛みが取れた、口が開くようになった。
  • 慢性的な首、肩の凝りが改善したなどです。

詳しくは体験談を読んでみてください。

体験談1

福岡県 25歳女性

私は偏頭痛がひどくて、週に2、3回薬を飲んでました。治療するまでは、噛み合わせが悪いとは思ってませんでした。ですから治療をお願いした時も、自分の偏頭痛が治る事はないだろうと疑う気持ちでした。治療してビックリ、薬を飲むほどの偏頭痛が今では全くありません。先生を始め、スタッフの皆様に感謝しています。PS.おまけに左でしか噛めなかったのが左右関係なく食べれるようになりました。

体験談2

熊本県 33歳女性

偏頭痛がひどくて薬が手放せなかったのですが治療当日は全然実感がなく、半信半疑でしたがその日から、3日に一度位飲んでた薬を全く飲まなくてよくなりました。本当に信じられないくらい治りました。

体験談3

福岡県 51歳女性

長い間、頭痛、肩こり、腰痛に悩まされていました。朝起きたらまずビリビリと痛い肩にシップを貼る事から一日が始まっていました。初診でその日のうちに、噛み合わせを直して頂きました。
その後、それまで右でしか物を噛んだ事がなかったのに無意識のうちに左でも噛んでいる事に気付き感動しました。今は頭痛で鎮痛剤を飲む事もなく、肩こりでシップを貼る事もなく腰痛もウソみたいに楽になりました。先生からは心から感謝しています。それから病院を紹介して頂いた方にも心から御礼申し上げます。

体験談4

福岡県 62歳女性

いつの頃から左肩甲骨の内側の肩こりがひどくなり、針治療やマッサージをしてもらっていました。しかしすぐに肩が凝り『老化現象かな?』と思ってあきらめていました。噛み合わせの治療を受けて、その肩こりが一夜にして治ってしまい、なんだか狐につままれた気がしました。あれほど、痛かった肩の痛みが一度の治療で解消した驚きと喜びは正に劇的と言うにふさわしい感じでした。本当にありがとうございました。

体験談5

鹿児島県 61歳女性

顎の付け根の痛みと肩こりがあったのですが治療を受けた後、顎の痛みはすっかりなくなりました。肩こりはもう長年だったのですぐには変化はみられませんでしたが1ヶ月ぐらい過ぎてから肩が軽くなったのを感じます。マッサージの先生が、以前はパンパン張っていたのに随分柔らかくなったと言われます。遠くから訪ねた甲斐がありました。

ページトップへ